ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

みことばの花1 90617「時空を越えて」

みことばの花190617「時空を越えて」

「イエスは彼に言われた、「お帰りなさい。あなたのむすこは助かるのだ」。
彼は自分に言われたイエスの言葉を信じて帰って行った。」(ヨハネ 4:50)

今朝の朝日新聞に「人間の手ではなくロボットアームによる手術は、すでに始まっている。
将来は例えば、東京にいる医師が北海道の患者にメスを入れることなどが想定される。
…通信の進歩が、少し前なら想像もできなかった世界を可能にする。…」(天声人語より)。
これは場所を越えて、名医による外科的治療が行われる可能性を予想している言葉です。
ところで聖書にはすでにその事例があります。
キリストがおられたカナ(地名)に来訪した役人に「あなたのむすこは助かるのだ」と言われたその瞬間に、
約30キロ先のカペナウム(地名)にいた瀕死の息子が癒されました。
キリストの癒しに近づくのが現代医学なのかも…。
キリストの癒しは時空を越えたものだと私は信じています。
今日も主の奇跡がありますように。

磯部豊喜

みことばの花 190616「まず」

みことばの花190616「まず」

「まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。」(マタイ 6:33)

上記はキリストの御言葉ですが、この中で私の心に響くのは「まず」という言葉です。
「まず」は「先ず」とあるように、すべてに先(さき)んじることです。真っ先に思うことです。
私が「まず」行うことは何か。
朝起きて、顔を洗うこと…??まず「祈る」ことからしたい。
「まず」は心の中心のあるところです。
「まずテレビ」の人はテレビが中心、「まず貯金通帳」の人はお金が中心、果たして私は何が中心なのかを自問したい。
「まず神の国と神の義を求めなさい」とのキリストのみ言葉には、暖かな約束もあります。
「これらのもの(必要なもの)は、すべて添えて与えられる」と。

磯部豊喜

みことばの花 190615「神は光」

みことばの花190615「神は光」

「わたしたちがイエスから聞いて、あなたがたに伝えるおとずれは、こうである。
神は光であって、神には少しの暗いところもない。」(Ⅰヨハネ 1:5)

闇が入れば光は出て行き、光が入れば闇が出て行く。
これは人の心の闇と光を表現したものです。物理的には闇と光は共存出来ません。
ですが、全く闇に囲まれている人はいない。神のかたちが残っているからです。
闇の心を追い出すには、光を受け入れることが必要です。人の心の光はどこにあるのでしょう。
聖書は「神は光」だと語ります。
私は時々「教会は必要か?教会は何のためにあるのか?」と自問します。
神様という光がある以上、教会は必要です。
今日は第七日安息日、この神様という光に触れる尊い機会の日。
光に触れ心の闇を追い払って頂きたいのです。
ハッピーサバス!

磯部豊喜