ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

みことばの花 191021「預言」

みことばの花 191021「預言」

「まことに主なる神は/そのしもべである預言者にその隠れた事を/示さないでは、何事をもなされない。」(アモス 3:7 口語訳)

「牧師さんはどうして見えない神を信じられるのですか」と聞かれることがあります。
私は学生時代、電子工学の学びをしていました。
工学系の頭であったのかどうかは分かりませんが、当時の私は証明されないもの以外は信じない若者でした。
その中で聖書に触れ、いつの間にか神の存在を疑えなくなりました。
その役割を果たしたのが、聖書の預言です。
前もって「これこれこうなる」という預言者に授けられた言葉が、後にその通りに実現する。
聖書はそのような預言に満ちています。
何とその預言的中率は100%。
神の存在を疑えない理由がそこにありました。

磯部豊喜

みことばの花 191020「祈祷会」

みことばの花 191020「祈祷会」

「ふたりまたは三人が、わたしの名によって集まっている所には、わたしもその中にいるのである。」(マタイ 18:20 口語訳)

今私のいる千葉教会では祈祷週という特別な一週がはじまっています。
来月にはア・カペラコンサート(11/2)があり、教会員8名と私を含めた9回の福音宣教のための集会(11/4-14)があります。
そのために教会や家庭で1週間ほど祈祷集会(13:30)を持ちます。
礼拝での交わりも素晴らしいですが、祈りの集会はとても有意義で楽しいものです。
クリスチャンとはいえ、人間にはいろいろな重荷があります。
互いに重荷を分かち合い、祈り会う、それが教会の祈祷集会です。
そして何よりも目には見えませんが、主イエス様がその中におられると言われます。
こういう祈祷の場を私は大切にしたいと考えています。
主の恵みがありますように。

磯部豊喜

みことばの花 191019「うわべ」

みことばの花 191019「うわべ」

「主は言われた『わたし自身が一緒に行くであろう。そしてあなたに安息を与えるであろう』。」(出エジプト 33:14 口語訳)

教会は、日常生活の緊張をほぐして素の自分でいられる所でありたい。
ところで次の一文を発見。
「この世界には、うわべだけとりつくろった見せかけが多い。
…時には教会は、人が自然にのびのびとふるまえる場所からもっともかけ離れていることがある。
人々は…よそゆきの服と教会用の微笑とで装う。
偽りの親睦は緊張するので、教会を出るとほっとする。
この不自然な雰囲気を改善する最良の方法は、教会でわたしがともにいるのを常に意識することだ。
わたしと霊的にふれあうこと、わたしの栄光をたたえること、わたしの栄光をたたええることを、第一の目的としなさい。」(サラ・ヤング)
主とお会いする所にうわべをつくろわない場所があるのは確かです。
主イエスこそ安息です。
今日は第七日安息日。
ハッピーサバス!

磯部豊喜