ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

小濱牧師の一口メッセージ(21/04/03)

小濱牧師の一口メッセージ(21/04/03)

「【新共同訳】ヘブル11:1 信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。」

磯部先生からバトンを引き継ぎ、はじめての安息日礼拝をおこなわせて頂きます。私の人生の土台となりました聖句を紹介させて頂きます。
それは、へブル11:1です。
人生を歩む中で必ず、困難や試練が定期的に訪れます。そんな時にみ言葉は、前に進む力と勇気を与えてくれます。
私の場合は、このへブル11:1を土台にして、心に浮かんだ思いを実行に移します。
なぜなら、神様が生活の中に介入してくださる事がおぼろげながらでも感じる事ができるからです。

小濱守宏

みことばの花 お知らせ

みことばの花掲載終了のおしらせ

みことばの花を2018年4月より3年間掲載(転載)してきましたが、磯部牧師の異動により掲載を終了することになりました。

引き続き、お読みになりたい方は、磯部牧師に連絡いただければ、メールで配信されます。

連絡先:メールアドレス

磯部 豊喜 <isobe_toyoki@adventist.jp>

みことばの花 210331「失敗」

みことばの花 210331「失敗」

「しかし、もし、彼らの罪過が世の富となり、彼らの失敗が異邦人の富となったとすれば、まして彼らが全部救われたなら、どんなにかすばらしいことであろう。」(ローマ 11:12 口語訳)

「挑戦しなければ失敗しない」。しかし失敗を恐れ何も挑戦しないよりは、挑戦して失敗することのほうが価値はあると思います。
本田宗一郎さん(ホンダの創始者)が「失敗は、その一歩の踏む込みだと思う。前進への足跡だと思う。…『サルも木から落ちる』という言葉がある。慢心とか油断へのいましめである。…しかし、私はサルが新しい木登り技術を学ぶために、ある試みをして落ちるなら、これは尊い経験として奨励したい」と述べています。
上記はユダヤ人の「失敗」が異邦人の富となったとある。この「失敗は前進への足掛かり」とは異なりますが、果たしてこれも良いことだったのか???
聖書は実に前向きな解釈をする書物であると思います。

磯部豊喜

みことばの花 210330「人生のメダリスト」

みことばの花 210330「人生のメダリスト」

「目標を目ざして走り、キリスト・イエスにおいて上に召して下さる神の賞与を得ようと努めているのである。」(ピリピ 3:14 口語訳)

古賀俊彦さんのことをもう少し書いてみたい。
古賀さんがバルセロナで金メダルに輝いたとき、事前練習でじん帯に傷を負っていたとのこと。それでも見事に勝ち上がった。
この古賀さんはいくつかの名言を残しておられます。
「練習で限界を超えた自分を知っておかなければ、本番には勝てない」「成功する人間とそうじゃない人間の違いは、体力の差でも、知識の差でもない。意志の差だ。」「あきらめからは何も生まれない。1%の可能性でも見出そうと、壁に向かったときこそ、自分の中に秘められていた、新たな力が出てくる。」
これが金メダリストの心なのか…と納得させられます。
さて、わたしも金メダリストとまではいかなくても上記のパウロの言葉のように神の賞与(人生のメダリスト)を目指したいのです。
人生のメダリストは、自分の限界を知り、意志を神にささげること、決して自分の成長をあきらめないこと。
主の助けを受けてそうなれると信じること。
主の恵みが今日もありますように。

磯部豊喜

みことばの花 210329「主も悩まれる」

みことばの花 210329「主も悩まれる」

「彼らのすべての悩みのとき、主も悩まれて、そのみ前の使をもって彼らを救い、…」(イザヤ 63:9 口語訳)

「平成の三四郎」と呼ばれ、バルセロナ五輪柔道金メダリストの古賀俊彦さんが3月24日に亡くなられました。
古賀さんの言葉に「初めてのオリンピックでは、3回戦敗戦。待っていたのは、メディアの手のひらを返したような冷たい反応でした。
この時は、本当に落ち込みましたね。自信を喪失したし、人間不信にもなった。でも、そんなとき偶然見たオリンピックの編集編の番組に、自分が負けた試合の後、応援席で周りに懸命に頭を下げる両親の姿が映っていたんです。私は一人で戦って、一人で負けたと思っていました。ところが違った。
それからですね。結果を恐れず、純粋に自分の目指すものに向かって挑戦していこうと思うようになったのは。」
私どもは、自分一人が荷物を背負っていると感じることがあります。
ですが自分の悲しみを共に背負ってくださる主を知ると、古賀さんのように勇気が湧いてきます。

磯部豊喜