ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

一口メッセージ「主の祈りについて、思うこと」20210424

「主の祈りについて、思うこと」20210424

先週に続いて「御国を来たらせたまえ」について。
「御国を来たらせたまえ」には二つの意味があり、「心に平安が来ますように」と「再臨が早く来ますように」です。
神様がどのようなお方か知らなければ、崇めることや賛美する事は難しく、また再臨の時どのような思いで対面すれば良いかもピンと来ないのではないかなと思います。
神様について知れば知る程、神様を崇めれば崇める程、神様を賛美すればする程、神様にお会いしたいという思いが高まり、素直に「御国を来たらせたまえ」と胸をはずませ日々祈ることが出来るのかと思います。

小濱守宏

一口メッセージ「主の祈りについて、思うこと」20210417

「主の祈りについて、思うこと」 20210417

「御国を来たらせたまえ」と私たちは、常に願ってお祈りしますので、改めて御国について瞑想してみました。
「御国の一番の魅力とは?」と問われたら、ある方は、先に召された夫、妻に会うこと答えるかもしれません。
私の場合、先に眠りについた妹と、答えていましたが、今一度、自問してみました。
無理して順番を決める必要はないとは思いますが、やはり、まずイエス様にお会いできる事かなと思うようになりまいた。
なぜ、イエス様にお会いしたのか?再度、自問を繰り返すことによって。
イエス様の魅力を再発見するよい機会となりました。
これはお勧めです。

小濱守宏

一口メッセージ「主の祈りについて、思うこと」20200410

「主の祈りについて、思うこと」 20200410

私たちは、主の祈りを唱えますが、順番について以前から少し疑問に思うことがありました。
「御名が崇められるように」というのは、はじめの言葉には、最適だと思います。
そして、自分の罪を悔いて改めて、自分たちの必要を求める祈り、「日ごとの糧」という具合と思いきや、罪の悔い改めの前に自分の願い事があるのです。
私は、これを見て、まず、自分の気持ちや願いを素直に「お願します神様」と正直にお伝えしてもいいのかなという気持ちになりました。
神様は、私たちの心をよく知っておられ、「本音で私に語りなさい」と招いているのではないでしょうか。

小濱守宏

一口メッセージ「【新共同訳】ヘブル11:1 信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。」

「【新共同訳】ヘブル11:1 信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。」 20200403

磯部先生からバトンを引き継ぎ、はじめての安息日礼拝をおこなわせて頂きます。私の人生の土台となりました聖句を紹介させて頂きます。
それは、へブル11:1です。
人生を歩む中で必ず、困難や試練が定期的に訪れます。そんな時にみ言葉は、前に進む力と勇気を与えてくれます。
私の場合は、このへブル11:1を土台にして、心に浮かんだ思いを実行に移します。
なぜなら、神様が生活の中に介入してくださる事がおぼろげながらでも感じる事ができるからです。

小濱守宏

みことばの花 お知らせ

みことばの花掲載終了のおしらせ

みことばの花を2018年4月より3年間掲載(転載)してきましたが、磯部牧師の異動により掲載を終了することになりました。

引き続き、お読みになりたい方は、磯部牧師に連絡いただければ、メールで配信されます。

連絡先:メールアドレス

磯部 豊喜 <isobe_toyoki@adventist.jp>