ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

みことばの花 181019「天に宝を蓄える(2)」

みことばの花181019「天に宝を蓄える(2)」

「むしろ自分のため、虫も食わず、さびもつかず、また、盗人らが押し入って盗み出すこともない天に、宝をたくわえなさい」(マタイ 6:20)。

「天に宝を蓄える」生き方とはどのようなことでしょう。考えてみませんか?…という言葉で昨日の「みことばの花」を閉じました。上記のみ言葉をよく吟味しますと、「むしろ自分のため」という言葉が冒頭に。天の宝を手に入れるのは、「わたしのため」ということなのでしょう。「人はどんなに財産を持っていても、最期は1畳程度の空間しか手に入らない」と言われます。これは棺の大きさを指しています。しかしこの棺さえも、火に焼かれて消えてしまいます。ですが天に蓄える宝は不滅だと言う。神様が守ってくださるからです。火も洪水も滅ぼすことの出来ない宝とは何でしょうか。それは「品性」でしょう。どのような信仰や希望や愛を持つのか。これが大切な気がします。「キリストの恵みによって人の心の中に、天のことを思わせる言葉や行い、またキリストのような品性を築こうとつとめるあらゆる努力などが宝を天の積むのです」(「思いわずらってはいけません」p117)という言葉は、銘記(めいき)しておきたい一文です。

磯部豊喜

みことばの花 181018「天に宝を蓄える」

みことばの花181018「天に宝を蓄える」

「あなたがたは自分のために、虫が食い、さびがつき、また、盗人らが押し入って盗み出すような地上に、宝をたくわえてはならない。」(マタイ 6:19)

「積水ハウス巨額被害、『地面師』グループ逮捕」という事件が起きました。積水ハウス(大阪市)が東京品川区の土地購入代金を、地主に成り済ました「地面師」グループら数十人のうち、羽毛田正美容疑者(63)と不動産会社の実質経営者生田剛容疑者(46)ら男女数人が逮捕されました。その被害額がなんと55億円だといいますから、まれにみる巨額搾取事件です。事件は昨年3~6月のことですので、騙し取られた55億円がどこへいったのか、警視庁は「地面師グループのお金の流れを調べている」とのことです。お金が積水ハウス側に無事に戻るといいのですが…。この事件を知って、上句のキリストのみ言葉を思い出しました。悲しいかな「盗人」らの出現は後を絶たない。この続きのみ言葉にも心を留めたい。「むしろ自分のため、虫も食わず、さびもつかず、また、盗人らが押し入って盗み出すこともない天に、宝をたくわえなさい」(マタイ6:20)。「天に宝を蓄える」生き方とはどのようなことでしょう。考えてみませんか?

磯部豊喜

みことばの花 181017「隠す」

みことばの花181017「隠す」

「彼は答えた、『園の中であなたの歩まれる音を聞き、わたしは裸だったので、恐れて身を隠したのです』。」(創世記 3:10)

上記の聖句は、「主なる神は人に呼びかけて言われた、『あなたはどこにいるのか』(創世記 3:9)と呼びかけられた時の、人(アダム)の返答です。神様のいいつけに反すること(神様に禁じられた善悪を知る木の実を食べる行為)をしてしまった人の心を襲ったのは「恐れ」でした。そしてもう一つのことは、「隠れる」行為。世界最初の「隠れん坊」がここに描かれています。しかしゲームでの「隠れん坊」とは意味がまったく違っていました。ここにあるのは「恥の文化」。昔から日本人は、「そんなことをしたらお父さんやお母さんが恥ずかしいでしょう」と言って、子どもに、恥の文化を摺(す)りこんで来たような気がします。昨日紹介した英国のユージェニー王女とは大違いです。「見よ、わたしは盗人のように来る。裸のままで歩かないように、また、裸の恥を見られないように、目をさまし着物を身に着けている者は、さいわいである。」(黙示録16:15)というみ言葉がありますが、私の恥を覆う神様に信頼し「恥じの文化」を乗り越えていけると良いですね。

 

磯部豊喜

みことばの花 181016「傷の後」

みことばの花181016「傷の後」

「…トマスは彼らに言った、『わたしは、その手に釘あとを見、わたしの指をその釘あとにさし入れ、また、わたしの手をそのわきにさし入れてみなければ、決して信じない』」(ヨハネ 20:25)

昨日、イギリス王室のユージェニー王女とジャック・ブルックスバンク氏との結婚式が行なわれたことが報道されていました。はじめはボンヤリと聞き流していましたが、この度の結婚式には一つの特徴があったことに注目。それはユージェニー王女のウエディングドレスの着こなしです。ベールもつけずに背中の開いたウエディングドレス姿。王女はあえて背中を見えるように着ていた。その理由は、幼いときに傷ついた数十センチもする手術痕(しゅじゅつこん)が背中に残っていたのですが、その傷の姿を公表することでした。多くの人々の目にそれが止まり、その勇気が称賛されたという。人は自分の傷の部分を隠したがるものですが、この王女は、この姿でメッセージを送ったのです。傷があってもいいじゃない、これが私なのだから…と。ところでキリストも傷を受けられたお方でした。その傷は復活後にもそのまま残っていたことを聖書は書いています。この傷の痕(あと)は人類救済(永遠の死から永遠の命へ)の道を開いた記念碑であることはいうまでもありません。

磯部豊喜