ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

みことばの花 190420「神殿燃ゆ」

みことばの花190420「神殿燃ゆ」

「イエスが宮から出て行こうとしておられると、弟子たちは近寄ってきて、宮の建物にイエスの注意を促した。
そこでイエスは彼らにむかって言われた、『あなたがたは、これらすべてのものを見ないか。
よく言っておく。その石一つでもくずされずに、そこに他の石の上に残ることもなくなるであろう』。」(マタイ 24:1,2)

ノートルダムの大聖堂の尖塔(せんとう)が燃え崩れました(4/15~16)。
この大聖堂はフランスのパリの象徴でありユネスコ(国連教育科学文化機関)世界文化遺産でもある建造物ですので驚きと共に痛みを覚えました。
火事の映像を見て、私は聖書の中にある上記のみ言葉を思いました。
こちらはユダヤの大神殿が崩落するというキリストの預言です。
この預言がなされて約40年を経、キリストの予告通りになりました。
現在、その神殿の一部が「嘆きの壁」として残っており、参拝者たちが涙を流して祈る光景を見ます。
私たちは神殿に心を奪われてしまいますが、実は神殿よりも大いなるお方がおられることを覚えたい。
それは神様です。神殿は燃え崩れても神ご自身は決して破壊されることはない。
今日は第七日安息日、大いなるお方、主を礼拝しませんか。

磯部豊喜

みことばの花 190419「つもり」

みことばの花190419「つもり」

「そこで、バルナバはマルコというヨハネも一緒に連れて行くつもりでいた。」(使徒 15:37)

上記の聖句には、バルナバという人が若者マルコを宣教に連れて行く心つもりを持っていることを示した言葉です。
人はしばしばこのように「つもり」(心に意とするところ)を抱くことがあります。
ところでこの「つもり」はあっても、現実は違う場合もあるそうな。
「つもり違いの十ケ条」という言葉を知りました。

①高いつもりで低いのは教養、
②低いつもりで高いのは気位、
③深いつもりで浅いのは知識、
④浅いつもりで深いのは欲、
⑤厚いつもりで薄いのは人情、
⑥薄いつもりで厚いのは面の皮、
⑦強いつもりで弱いのは根性、
⑧弱いつもりで強いのは我(が)、
⑨多いつもりで少ないのは分別、
⑩少ないつもりで多いのは無駄。

このように現実は、「つもり」とはかけ離れいている場合もあるようです。
現実とつもりが一つになれば良いのですが…。

磯部豊喜

みことばの花 190418「開けよ」

みことばの花190418「開けよ」

「天を仰いでため息をつき、その人に「エパタ」と言われた。これは「開けよ」という意味である。」(マルコ 7:34)

一昨日の夜、耳垢掃除をしたのですが、なぜか片耳の垢を取り損ねてしまい却って聞こえなくなりました。
片耳が耳栓をしたような状態になってしまい焦りました。
そして昨日の朝、はじめて耳鼻科のお医者さまのお世話になりました。
とても痛かったのですが、間もなく音が甦りました。
自分の力では限界でしたが、お医者さまは見事です。
私はこの治療を受けて、かつてキリストが耳垢除去ではなく、そのみ言葉で聴覚障がい者の耳を癒されたことを思い出ました。
そして音を聞ける喜びと共に、もっと良い声を聴く心の耳を養わなければと教えられたのです。

磯部豊喜