ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

みことばの花 190215「わたしは神である?」

みことばの花190215「わたしは神である?」

「人の子よ、ツロの君に言え、主なる神はこう言われる、あなたは心に高ぶって言う、
『わたしは神である、神々の座にすわって、海の中にいる』と。
しかし、あなたは自分を神のように賢いと思っても、人であって、神ではない。」(エゼキエル 28:2)

自分自身を「わたしは神である」と呼ぶ人がいると聖書に書かれています。
上記は、その最たるものでツロの君のことが描かれています。
彼は心高ぶり「わたしは神である…」と自己申告しました。
こういう告白に対して創造主は敏感です。
「あなたは…人であって、神ではない」と言われます。
自分を神とする人の特長。それは自己主張が強い人。自分の人生は自分のものだから自分勝手に生きて当然と考える。
ですが人はあくまで人であって神ではない。神を神とする人こそ、健全な人であると私は信じています。
常に主を見上げて日々を謙虚に過ごしたいものです。
今日も主の恵みがありますように。

磯部豊喜

みことばの花 190214「試練と同時に」

みことばの花190214「試練と同時に」

「あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。
神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、
試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。」(Ⅰコリント 10:13)

トップアスリートの一人池江璃花子(いけえりかこ)選手が白血病であるとご自分で公表されて後、
彼女のツイッタにこういう言葉が書き込まれたという。
「私は、神様は乗り越えられない試練は与えない、自分に乗り越えられない壁はないと思っています」。
これをみて何と素敵な選手だろうと思うと同時に、私の頭に浮かんだのが上記のみ言葉です。
「試練と同時に、それに耐えられるように、のがれの道も備えて下さる」との約束です。
池江選手に神様の癒しがあるように心から信じて祈り求めたい。

磯部豊喜

みことばの花 190213「月のLOVE」

みことばの花190213「月のLOVE」

「ヨハネの子シモンよ、あなたはこの人たちが愛する以上に、わたしを愛するか」(マタイ 17:5) 

上記は弟子のペテロに言われた主イエスのみ言葉です。
「愛するか」という問いは、このときのペテロばかりではなく、常に私の心にも迫ってきます。
「主を愛するとは、目の前の人を愛すること…」と分かってはいても、相手によっては、そのようになかなかいかないことも事実です。
とろこで、誰が見つけたかわかりませんが、
月の表面にアルファベットの「LOVE」の4文字が浮かび上がっているように見える地形があるといいます。
ほぼ中央に「V」、下部に「L」と裏返しの「E」、「O」はたくさんあるクレータの一つ。拡大するとくっきりと見える。
このように「LOVE」は、地球の人の心のみならず宇宙にも書き記されているのでしょうか。
今日も「愛する」ことを求めて歩みたい。
「主よ、愛されることよりも愛する者とならせてください」。

磯部豊喜

みことばの花 190212「今」

みことばの花190212「今」

「わたしはきょう、泉のところにきて言いました、
『主人アブラハムの神、主よ、どうか今わたしのゆく道にさいわいを与えてください。」(創世記 24:42)

若き女性映画監督の山戸結希さ(30歳)のことを知りました。
この人が、「これからどんな映画を撮り続けたいですか」の質問に、次のように答えています。
「常に最新作を一番愛しています。一番愛せる最新作でなければ、絶対に撮らないと決めています。」
私も説教家ですが、今の説教を一番愛せるメッセージとして語ることができれば…とこの若い女性映画監督から教えられました。
今を最新にして最高のものとして生きる、そういう生き方が出来たらと思います。
ダラダラと過ごしがちな者ですが、「今日が私の最高で最新作…」という思いで過ごせたら少しはいいかも思います。
そこで、「主よ、どうか今わたしのゆく道にさいわいを与えてください」と祈りたい。

磯部豊喜

みことばの花 190211「孤児とはしない」

みことばの花190211「孤児とはしない」

「わたしはあなたがたを捨てて孤児とはしない。」(ヨハネ 14:18)

昨日、「僕は、23年前に電話ボックスの中にへその緒がついたまま置かれていた赤ちゃんだった」という新聞記事が載っていました。
17歳になって、父に本当の子ではないと言われ、母子手帳から自分のルーツを知った。
そしてたどり着いたのが、彼の名付け親であり、その人が見つけたという電話ボックスのことを知った。
「立派に成長なさって」と聞き、生きてほしかったんだ、という人の思いに触れたという。
上記は、いかにして生まれようとも、励ましてくださるキリストのみ言葉です。
主こそ私どもの魂の親なのです。

磯部豊喜