みことばの花 181207「ヤベヅの祈りを見ての(提案)」

みことばの花181207「ヤベヅの祈りを見ての(提案)」

「ヤベヅはイスラエルの神に呼ばわって言った、
『どうか、あなたが豊かにわたしを恵み、わたしの国境を広げ、あなたの手がわたしとともにあって、
わたしを災から免れさせ、苦しみをうけさせられないように』。
神は彼の求めるところをゆるされた。」(歴代志上 4:10)

最近、重い病気などに苦しむ人が多いです。
「ヤベヅの祈りを」見つめていて、このような人にこんな提案をしてみたくなりました。
例えば、がんの病の人へ向けて…「どうか、あなたが豊かにわたしを恵み、わたしの免疫細胞の活動を広げ、あなたの手がわたしとともにあって、
わたしをがんの病から免れさせ、苦しみをうけさせられないように」。
こういう祈りをささげても良いのではと考えたのです。
「国境」と「災い」を、今のわたしの必要に置き換えて祈ることをしてみてはいかがでしょう。
そして結果は、「神は彼の求めるところをゆるされた」となれば幸いなのです。
私にとって神様のみこころがそこにあれば、必ず人は病であれその他の災いであれ乗り越える力が与えられるに違いない。
もし病やその他のことで恐れや不安に包まれる人がありますならば、どうぞ主への信頼をもって、このような祈りをささげてみてはいかがでしょうか。

磯部豊喜

みことばの花 181206「ヤベツの祈り」

みことばの花181206「ヤベツの祈り」

「ヤベヅはイスラエルの神に呼ばわって言った、『どうか、あなたが豊かにわたしを恵み、
わたしの国境を広げ、あなたの手がわたしとともにあって、わたしを災から免れさせ、
苦しみをうけさせられないように』。神は彼の求めるところをゆるされた。」(歴代志上 4:10)

上記は、ひところ竹の子が土から出てくるように、あちらからこちらからの説教者に注目
された聖句の一節でこれを「ヤベヅの祈り」と言います。
覚えにくい人は「キャベツの祈り?」と呼んで後、まず訛りをつけて「キャベヅ~の祈り」
として「キ」を差し引けばよい。
なぜこの短い祈りが特別に注目されたのでしょう。
まずこの祈りを唱えたヤベヅは、「悲しむ」という意味で、前節に彼についての情報が書か
れています。
「ヤベヅはその兄弟のうちで最も尊ばれた者であった。
その母が『わたしは苦しんでこの子を産んだから』と言ってその名をヤベヅと名づけたの
である。」(同上4:9)
さてこの祈りのポイントは、一見ひとりよがりで遠慮のない祈りの言葉にみえます。
ですがその底に流れているのは神への信頼。信頼されたら黙ってはいられないのが私ども
の神様です、「神は彼の求めるところをゆるされた」と、この祈りの結果が書かれています。
ヤベヅのように大胆な祈りをささげたいものです。

磯部豊喜

みことばの花 181205「やさしく」

みことばの花181205「やさしく」

「むしろ、あなたがたの間で、ちょうど母がその子供を育てるように、やさしくふるまった。」(Ⅰテサロニケ 2:7)

今日は芸能会からのニュースですが、先に94歳でお亡くなりになられた小田章子(おだあやこ)さんのことを書き留めてみたいと思いました。
小田章子さんといっても、一般人には分からない。この方の芸名は赤木春恵さん。
出世地は中華民国吉林省長春県の日本人です。当時の満州生まれということでしょう。
私はこの人の記憶では、学園ドラマ金八先生の校長先生、ほとんど見た事はありませんが、世間では人気ドラマの「渡る世間は鬼ばかり」の嫁いびり役の姑です。
後者の役柄は強烈で、近所の人が、「あの怖い人とかかわりを持たないほうが良い」と言わしめたほどの芸達者。
しかし女優さんの衣を脱げば、とても「やさしい」人、「決して人の悪口を言わない人」だったそうです。
多くの人から慕われた人物から学ぶことは大きいです。
上記はパウロの言葉ですが、「ちょうど母がその子供を育てるように、やさしくふるまった」というのはパウロのみならず赤木春恵さんにも言える素敵な言葉です。
こんな人になれたら良いですね。まだまだ遥かに遠き、我が身かな…。

磯部豊喜

 

みことばの花 181204「名は不思議」

みことばの花 181204「名は不思議」

「主の使は彼に言った、『わたしの名は不思議です。どうしてあなたはそれをたずねるのですか』。」(士師記 13:18)

昨夜、海の中に生息する生物の中にとても興味深い生物がいることを知りました。
たとえば、魚を釣る魚。背びれの一つが擬似餌のようになっていて、目の前にそれをぶら下げる。
それに引かれて小魚が近づくと、大きな口を開けてぱくりと捕食。
この魚の名はカエルアンコウといいます。
また人間のように二本足で歩く珍しい烏賊(イカ)の種類、彼は餌に近づく時に、「抜き足、差し足で」歩いて餌に近づく時に二本足になるのです。
さらに海の妖精と言われる天使のような姿をしているクリオネが、ジンウキマイマイという浮遊性の巻貝を食する時には悪魔に変身するという。
この餌を発見したクリスオネは、バッカルコーンという6本の触手を出し餌を包み込み、その養分をゆっくりと吸い取る吸血鬼のようになる。
彼らが変化の共通点は食事の時。生きるためには豹変する。
悲しくもどこか人間に似ているような…。それにしてもこれらは創造の知恵。
彼らを生かすために備えられた神様の創造の知恵の世界を垣間見たような気がしました。

磯部豊喜

みことばの花 181203「白くなるのだ」

みことばの花181203「白くなるのだ」

「主は言われる、さあ、われわれは互に論じよう。たといあなたがたの罪は緋のようであっても、雪のように白くなるのだ。紅のように赤くても、羊の毛のようになるのだ。」(イザヤ 1:18)

先月のことですが、一大決心をして白い愛車の塗装修理を行ないました。まことに恥ずかしいことですが、運転が下手なのか私の車は四隅がみごとに模様入り。特に後方部分はギザギザ模様。この模様をつけてしまった後は、開き直って「自分の車だという印」だとか「盗難車の罪を防げる」などと都合のよい言い訳をしながら日を過ごしていました。しかしやはり気になるので、イエローハット(自動車用品店)へ行って傷隠しのシールを買って補修。ところが洗車をすると剥がれてしまい再び惨めな顔が登場…というわけで知り合いの知り合いの自動車修理の専門の方に塗装修理(格安)で行なっていただきました。戻って来た新車?に感動。自分で治せない傷跡、しかしプロの腕はすごい。そこで思い出したのが上記のみ言葉。神様は人の心をしっかりと補修してくださるという。「罪は緋のよう」に傷だらけでも「雪のように白くなるのだ」と約束してくださっています。今日もその主に一日の歩みをゆだねたいと思います。

磯部豊喜

みことばの花 181202「愛は咎を覆う」

みことばの花181202「愛は咎を覆う」

「憎しみは、争いを起し、愛はすべてのとがをおおう。」(箴言 10:12)

数日前、とても感動的な心の温まる画像を拝見しました。舞台は、かつての国民的な女優であった森光子さんと、かつて日本の総理大臣でも大人気で昭和太閤さんとさえ言われた田中角栄さんとの古い時代の画像です。森光子さんが田中角栄さんにインタビューしていました。この頃の田中角栄さん、ロッキード事件のために心穏やかならぬ渦中にあったのですが、多くの人たちからは口を開けば「ロッキード事件」を向けられる。ところが森光子さんのインタビューの内容は全く違っていました。角栄さんの名前の意味から話を進められます。角栄さんも心がほぐれ素の自分を出されて、時間が超過するほどに話がとても盛り上がったのです。そして会話を終えたときに、角栄さんが涙をハンカチにふき取るシーンが見られました。多くの人々が責める中、森光子さんに暖かく受け止めていただいたからでしょう。素敵なシーンでした。まさに上記のみ言葉のごとくです。「愛はすべてのとがをおおう」。この愛を持ちたい!

磯部豊喜

 

みことばの花 181201「キリスト者の自由」

みことばの花181201「キリスト者の自由」

「兄弟たちよ。あなたがたが召されたのは、実に、自由を得るためである。ただ、その自由を、肉の働く機会としないで、愛をもって互に仕えなさい。」(ガラテヤ 5:13)

真の自由とは何でしょうか。辞書には、「他からの束縛を受けず、自分の思うままにふるまること」とありますが、しっくりと来ません。「自分の思うまま」が気になります。自由主義という言葉はどうでしょう。「個人の自由意志を尊重し、自発的活動には可能な限り他からの干渉をしないという主義」とある。自由貿易はどうか。「国家が、外国貿易に何の制限も加えず、また保護・奨励もせず,商人の自由な活動に任せること」だそうです。「干渉しない」「何の制限も加えず」…これが本当の自由なのでしょうか。聖書の語る自由も、基本は同じでしょう。ですが「その自由を、肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい」と教えます。キリスト者の自由とは、愛さない自由もある中、愛をもって互いに仕えます。今日は第七日安息日、神様との交わりを積極的に選びたい。何者にも拘束されずに神を愛し、隣人を祝福するという道を貫きたい。良き事への自由選択、これぞキリスト者の自由なり!ハッピ、サバス!

磯部豊喜

みことばの花 181130「反対の一票」

みことばの花181130「反対の一票」

「あなたがたを迫害する者を祝福しなさい。祝福して、のろってはならない。」(ローマ 12:14)

最近、イエスマンを自分の傍に置くリーダーが増えているような気がします。自分の考えに右倣(なら)えのみ受け入れるのです。こういうリーダーに、私は魅力を感じません。反対者も自分の友だと思える人になれたら素晴らしい。実際は難しいことですが、たとえ友にまではなれなくても違った考えを心に留めることの出きる人になれたらと思います。昔、ある会議があって結果としては多数決の論理で提案者の意見が通ったのですが、ただ一人反対に手を挙げた人がいました。その時、私の傍にいた方が「あの反対の一票を心に留めることが大切だ」と教えてくれたことは実に印象的でした。10年前に、米国大統領選の勝利宣言でオバマ氏は、「私を支持しなかっら皆さんの票はもらえなかったが、皆さんの声に耳を傾けます。私は皆さんの大統領になるつもりです」と素敵な言葉を残しました。上記のみ言葉は、「迫害者」さえも、「祝福はしても、のろわない」と教えていますが心に留めたい一句です。

磯部豊喜

みことばの花 181129「悪くても感謝」

みことばの花181129「悪くても感謝」

「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである。」(Ⅰテサロニケ 5:18)

俳優の船越英一郎さんといえば、2時間ドラマの帝王だと呼ばれているそうです。船越さんは「俳優が僕の職業。自分とは違う人生を生きるのが僕らの仕事」だと語ります。一方ドラマではなく素の自分を出す番組では、「船越英一郎という生き様をご覧頂いている」と自然体であることを心がけているといいます。元妻との離婚において多くを語らない船越さんでしたが、「乗り越えたら必ず前の自分より強い自分がいる。強い自分を手に入れるということは、優しい自分にもなる」と素敵な言葉も添えています。その船越さんの座右の銘の一つに「悪くても感謝」があるという。これはお母様から心にすり込まれた言葉だそうですが、上記の聖句を私は思い浮かべました。「すべての事について、感謝しなさい」。人生、感謝などころか悲観的なことが多くあるかに見える。その中で感謝するって難しいことです。ですが悲観的なことにも自分を成長させてくれる何かがあるならば感謝なのかも知れません。

磯部豊喜

みことばの花 181128「神の英知」

みことばの花181128「神の英知」

「イスラエルの人々に言いなさい、『あなたがたは、すべて牛、羊、やぎの脂肪を食べてはならない。自然に死んだ獣の脂肪および裂き殺された獣の脂肪は、さまざまのことに使ってもよい。しかし、それは決して食べてはならない』。」(レビ記 7:23-24)

興味深い話を知りました。古代で医学が最も進んでいたとされる国といえばエジプト。紀元前1552年頃エジプトで書かれた医学書で有名なのは、パピルス・エーベルスです。ところがこの中身はビックリ。例えば、髪の毛が白くなるのを防ぐ方法は「黒い子牛の血を、油かガラガラ蛇の脂肪で煮て髪につける」とか、髪の毛が抜けるときには、6種類の脂肪(馬、河馬、ワニ、猫、蛇、野生のヤギ)を混ぜたものをつけるとか。薬品についても、トカゲの血、豚の歯、ふはいした肉、悪臭ある脂肪、そのほか人間、ロバ、カモシカ、犬、猫、ハエなどの排泄物がありました。モーセという人はその時代、エジプト王家で成長したヘブライ人でしたので、このエジプトの医学書を知っていたでしょう。ですが彼が聖書に書き残した健康の知恵は、まったく内容が異なります。しかもそれは現代医学でも耐え得るものです。上記はそのモーセの書いたものですが、その知識の背後に人間を創造された神様の英知をみることが出来ます。

磯部豊喜