みことばの花 180528「これも悪いこと」

このエントリーをはてなブックマークに追加

みことばの花180528「これも悪いこと」

「あなたのあだが倒れるとき楽しんではならない、彼のつまずくとき心に喜んではならない。」(箴言 24:17)

「それみたことか」という言葉、これは自分にとって仇(あだ、かたき)のような人が、失敗したり、倒れたりするときに、してやったりと思うときに出てくる言葉です。自分の敵がつまづくというのは、私には痛快に感じることでしょうか。ですが、このような心の動きに対して、上記の御言葉(みことば)は釘を刺しています。敵の不幸を見て、それを喜ぶという人の心の動きをけん制しています。この聖句は「主はそれを見て悪いこととし、その怒りを彼から転じられる。」(箴言24:18)と続きます。たとえ敵であっても、その人の不幸を見て喜ぶとしたら、「主はそれを見て悪いこととする」という。反対にそれが敵であっても、その人が失敗するのを見て、あわれみの心で見ることができたらすごい。イエス・キリストはそのような心の持ち主でした。「あなたの敵を愛せよ」と言われたのですから…。これは私には遠い生き方、されど魅力のある生き方だとも思います。今日も主の恵みがありますように。

磯部豊喜

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *