みことばの花 180425「用意された場所」

このエントリーをはてなブックマークに追加

みことばの花180425「用意された場所」

「わたしの父の家には、すまいがたくさんある。もしなかったならば、わたしはそう言っておいたであろう。あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。」(ヨハネ 14:2)

上記はイエス・キリストの言葉です。「父の家」とは何でしょうか。それは「天国」を指しています。聖書には、天国が場所として描かれています。「あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから」とあるからです。天国は、私たち一人一人にとって理想世界であり理想社会です。そこには死もなく、悩みもなく、悲しみもありません。そこにあるものはあふれる神の愛と永遠の命です。聖書は最後の2章(黙示録21,22章)に具体的な天国の姿を描いています。この地上の世界のことしか知らない私たちには、これは夢物語にしか見えないかも知れません。しかし反対に天国に立ってこの地上世界を眺めてみると夢物語、「本当にあのような暗い世界があるのか」と思えることでしょう。「見ないで信ずる者は、さいわいである」(ヨハネ20:29)という主のみ言葉は、天国についても言えそうです。一緒にキリストが用意された場所、天国を目指しませんか。

磯部豊喜

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *